しっトク!オシロスコープ

オシロスコープなら当サイトにお任せ!

このサイトではオシロスコープの使い方を中心とした、様々な情報の提供を行っています。
特に電圧を示す垂直軸に関することが多いので、その点に関してわからないことがある人にとっては役立つ内容になるかもしれません。
また使い方に加えて拡張性に関しても触れているため、発展的な応用を考えていたりすでに別の使用方法が求められている場合の参考にもなるでしょう。
実際に有用かを確認するためにも、まずは目を通してみてください。

オシロスコープの垂直軸感度とは

オシロスコープの垂直軸感度とは オシロスコープは基本的に、ディスプレイの水平軸が時間で垂直軸は電圧を示しています。
そしてその電圧に関係するのが垂直軸感度です。
オシロスコープのディスプレイは標準として横が10マスで縦が8マスの線が入っていて、それを測定の目安とします。
その縦マスのひとつが、どれだけの電圧を示しているのかを表すのが垂直軸感度です。
例えば1マスが1ボルトだった場合、そのディスプレイでは上下それぞれに4ボルトがある計8ボルトになります。
もちろんその範囲には収まりきらない電気信号もあるため、スケールの調整を行います。
垂直軸感度の値が大きくなればそれだけ1マス当たりの電圧量が増えるため、相対的に表示される信号のグラフは縦に小さく見えるようになります。

オシロスコープにおいて重要となる掃引速度

オシロスコープにおいて重要となる掃引速度 オシロスコープは電気的な振動をスクリーンに表示する装置です。
電位の周期的変化を波の形として画面上に表示します。
水平軸に時間を表し、垂直軸に電圧を表すことが特徴となっています。
画面への表示はスクリーンを左から右に周期的に掃引する輝点によってなされる仕組みにとなっており、この速度が重要となります。
掃引速度が速いと細かい情報を円滑に反映しやすくなり、精密な数値を読み取りたいときにもうってつけです。
この掃引速度に大きな影響を与えるのがブラウン管の首の部分であり、この部分は電子銃になっています。
加熱した板に電荷がかかるように、数百ボルトの電圧がかけられます。
電界が陰極から電子を流れ出すことにより、それが弾丸のように加速します。
基本的には電圧をコントロールすることによって、速度を高められる仕組みになっています。
スクリーンに焼き付けてある蛍光体に電子のビームが当たります。
これが発光するメカニズムです。
電源投入直後にはスクリーンの中央に光が見えますが、その光は磁気や静電を使って動かすことが出来ます。
オシロスコープのブラウン管では静電偏向を使うのが一般的であり、垂直増幅器を使った電位差がビームの作る電界に影響します。

オシロスコープについてはコチラもチェック

電子計測器の購入